FC2ブログ
TOP自転車 ≫ 組み立てを振り返ってみて

組み立てを振り返ってみて

初のフレーム単体購入・組み立てをしてみましたが、RSR-4をドロハンにしていた事もあって割とスムーズに組み立てられたと思います。

まぁ購入に踏み切る前に事前に色々と下調べもした訳ですが、とにかくボトムブラケットがスムーズに取り付かない事にはどうしようも無くなってしまうので、新品フレームを購入せずに完成車の「部品取り外し未走行」ってのにこだわり探しました。未走行で取り外してあれば問題無く取り付く筈だし。
ちなみにBBのタップ切りの工具は何万もするみたいだし、お店に出してもかなりの費用になるらしい。時間も手間もお金もかかってしまうので、ここは慎重に品定めをしました。

後はフロントフォークもついていた方が良いし、フォーク付きかつヘッドパーツも組み込み済みであれば楽に組めるなぁ~と思っていて、しかもフルカーボンが良いし予算は10万以内がいいなぁ~と言う所で、今回良いフレームに巡り会えたなぁ~と満足してます。

組み立てで面倒だったのはケーブル類でしょうか。今回STIが新型105なのでシフトケーブルもバーテープ内に収まるタイプと言う事もあって、アウターケーブルの長さの調整は1㎝刻みで何度も行いました。
事前にオニキスで画像検索して画像を集め、どういう取り回しになってるか・長さはどのくらいか・取り回しはどうか等も見ながら・・。

P1020018.jpg

STIレバーの取り付け位置も何度も調整しました。このあたりはバーテープを巻いてしまうと調整が出来なくなるので、納得がいくまでひたすら調整(笑

で、ちょっと失敗したのがフロントディレイラーのワイヤーの取り回し。

P1020014.jpg

最初、ガイドを通してそのままディレイラーに結線したら画像の黄色の線の様にワイヤーが通り、シフトチェンジする度にフレームに傷がつく仕様に。
なんか間違ってる気がする!!と思いよく見るとガイドのそばに小さい穴が・・・。画像の赤丸。
こんな所にワイヤー通すなんて知りませんでした・・・^^;
普通気が付くだろ!っていう突っ込みは無しの方向で・・・(滝汗

それ以外のコンポーネンツは特に問題があるはずもなく装着。初のキャリパーブレーキだったですが、取り付けは問題無いってかVブレーキよりもむしろ構造や調整は簡単のような気がしました。
リヤディレイラー調整には少々時間がかかったものの、無事10速を変速出来る様になりひとまず完成。

P1020023.jpg

この後バーテープを巻いて終了したのですが、相変わらずバーテープ巻きが上手くならないです。センスがないのかも。あとバーテープをシマノのゲルバーテープにしたんですけど、ケーブル2本分一緒に巻くのでこのバーテープでは厚みでモコモコ状態に。もったいないからしばらくは使いますけど、いずれ今RSR-4に使ってるバーテープに巻き替え予定。

あとは乗り倒すだけ・・・なんですけど寒くてねぇ~(苦笑

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL