FC2ブログ
TOPPC ≫ パソコンのパーツが届いた

パソコンのパーツが届いた

自作PCって、組みあげるのは簡単だけど、パーツ選びが大変ですよね。

色々と知識が必要。

ただ、今は便利な時代になったもので、ネットで色々と情報公開してたり、youtubeで動画なんかも見れちゃう訳です。

昔パソコン組んだ時なんて、「自作入門」とかの本を買って来て調べたりしてましたから、お手軽な時代になったもんです。

んで、パソコンを新調しよう!と決めた当初は、特に何も考えず「コスパ最強PC」なんて謳い文句のを見て、その構成をまるパクリでamazonのカゴに入れ、合計金額見たら8万弱だったので思わずポチリそうになったんですが・・・。

今回新調したら、後5~7年程度は使う事になるのに、こんなに安易に決めてしまって良いのか?と、ふと思いまして。

ここからはリサーチしまくり。

当初の予定では、CPUはRyzen7 2700Xだったんですけど、新型が出てるってのを知りRyzen5 3600にしようってなり、それより上位の3600Xってもの有るなぁって事になりますが、コスパで言ったら3600か・・・とか。

コスパ考えないならRyzen7 3700Xじゃんとか思い始めて、じゃそれにするかーと考えた時に、マザーボードがB450で良いのか?って。

今度はマザーのB450とX470とX570を調べ初めて、Ryzen7搭載するならケチらずX570だろーと。

この頃にはもうコスト度外視で行ってしまえーっていう気分になってて、その構成でamazonにぶち込んで出てきた金額が12万弱。

差額4万なら・・・・って事で、


aqwcvf g9069


無事パーツ着弾しました。


ゲームやらないし、現状のパソコンでも不満無い位なのに、そこそこ立派な構成のパーツを買ってしまって、パーツ届いてから冷静になって宝の持ち腐れだよなぁ・・・・と思ってるのは内緒です(苦笑

まぁ、今後もっとパソコンに負荷を与えるコンテンツが出てくるやも解りませんので、拡張性の高いマザーボードを選ぶ事はあながち間違いでは無い選択だと思ってますが。


ただ結果的にはこの他にもパーツを購入しており、

pmubyf9071.jpg

まぁまぁ予算オーバーな傾向になりつつありますが・・・。

しばらくは現PCと併用になりそうって事でキーボードとマウスと無線LANカード、CPUファンはなるべく高性能な物の方が冷えてファンが五月蠅くないだろうと考えて、アフターパーツを購入しました。あとグリスも。

これら全てで13万弱ですかね。

全てamazonで注文しましたが、初期不良が怖いので、多少値が高くてもamazonが販売・発送する物を選択しました。マケプレだと返品とか面倒臭そうで。

実は調子に乗ってモニターとかも追加で購入しちゃってて、総額で16万弱になっちゃったんですけど、これで上手く組み上がらなかったらヤバイよなぁ・・・・・・。

上手くいく保証なんてひとつも無いのに、ノリノリでパーツ注文しまくってる自分が怖い・・・・・
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL