FC2ブログ
TOP日記・つぶやき ≫ 神楽の新ファームウェアが素晴らしかった

神楽の新ファームウェアが素晴らしかった

大晦日にミノウラさんからメールが来まして、新ファームウェアの案内と添付ファイルが。

そんなに期待はしてませんでしたが、パッチを当てて早速zwiftしてみたら、これがかなり良くて。

今まで、


bandicam 2019-02-20 22-48-48-501


こんな感じの、30秒150wで30秒280wなんてメニューだと、150wから280wへの切り替わりがモタモタして280wに負荷が掛かる頃には30秒終了してしまうので、ギヤの操作なんかをしつつ調整してやる必要があったんですよね。

負荷変動の緩やかなメニューであっても、目標負荷に到達するのに時間が掛かりますし、目標負荷に到達しても全然安定せず、突然負荷が下がったり上がったりする事がしばしば有りました。

んでニューファームウェアですが、この負荷変動に即座に対応するようになりました、即座と言っても2~3秒は掛かりますけど、これなら許容範囲と言えるレベルで。

まるでアナログタイプの負荷変動装置のダイヤルをカチッカチッと回すかごとく、負荷が掛かってくれるようになりました。

なので一切余計な操作は必要無く、ワークアウトに集中出来る様になりました・・・・素晴らしい。

負荷変動への追従が素晴らしく、その後の安定性も素晴らしいので、


bandicam 2019-02-20 22-48-55-448


こんな感じの綺麗なグラフが描けるようになりました。


全然壊れる気配は無いし、ファームウェアのアップデートですこぶる使い勝手は良くなるしで、良い事ずくめ。

最初に海外製品に手を出してしまった事を今更ながら後悔しております・・・(苦笑

どんなに高性能でも壊れたらゴミくず同然ですから。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL