FC2ブログ
TOPサイクリング ≫ 筑波山に行ってきました

筑波山に行ってきました

ジャイアント号での初の本格登坂に挑もうって事で筑波山へ。

行きしなのルートは概ね前回と同じですが、少し精査して更なる短縮を目指します。

とりあえず、前回気になったけど立ち寄れなかったポイントにて。


aqtygh08585.jpg


ヴェイルサイドって未だ現役なんですねぇ~。

圭オフィスも無くなってた事ですし、若者の車離れでチューニング業界も冷え切っていて、相次ぐ倒産なんてのも免れないような事を勝手に思い込んでおりました。


zweyfu08587.jpg


80スープラのど派手なエアロパーツなんかが印象的ではありますが、僕個人では何一つパーツを購入したことはありません。

なんでかって?

そりゃ非常に高価だったって事に他有りません・・・・貧乏人には高嶺の花ってやつですね。

ヴェイルサイドを後にしてからは、風も穏やかなのであっさり筑波山の麓まで。


mkue08590.jpg


大池公園でパシャリ。


awxeiu08589.jpg


8時50分出発なので、ほぼ2時間で現着です。

車で来たとしても1時間半程度は掛かることを考えると、このルートで自走で来るのが正解かな~と思います、渋滞は無いしね。

んで、不動峠を登った訳ですが、ネットを見ると不動峠のヒルクライム初心者のタイムは15分との事。

じゃぁ20分のFTPと思って登ってみよう・・・・と。

結果的にはこれが最悪の結果を招きまして。

いや、不動峠は登れたんですよ。

それでも、17分位掛かったと思いますがw

でも、無理して登ったツケが・・・・もう、裏不動峠の下りから足がピクつきまして。

今回は裏不動峠を下って、もう1本ユートピア登る予定だったのですが、危うい感じで。

ただ、これで音を上げるようじゃいかんと心に決めてユートピアを登りましたが・・・足が重すぎて全く話しにならない状況でした・・(汗

前半の斜度がきつめって事もありますけど、ケイデンス60とかでえっちらおっちら登る。かなりキツイ。

なんとかユートピアまでたどり着いたものの、意外にも駐車場が満車状態で記念撮影不可。

ユートピアって僕の中ではB級スポットで閑古鳥ってイメージだったんですけど・・・・。

よく考えたらここの前を走るのって平日ばかりだったような気もしますし、休日はこの位繁盛している施設なのかもなぁ。


zwecvbh08593.jpg


この裏門みたいな所の斜度がえげつないなぁといつも思っていましたので、正門で撮影出来なかったのでここで。


ユートピアまで来てしまえば、後は斜度が落ち着きますのでケイデンスも少し上げて坦々と。


awsedrft08595.jpg


この後また下りで冷え切って足がピクついたりしますが、だましだまし走って小貝川へ。

来た道を同じようにトレースして帰るのはやはりつまらないので、前回と同じように川沿いの帰路を選択。

ですが、

行きしなの様には足が回らねぇよ・・・・・


zwe,ol08598


普段は目にもとまらない様な事ですが、螺旋階段が格好良いじゃ無いかと理由を付けて休憩(苦笑


もう、疲労困憊なので一刻も早く帰りたいと思っていた矢先に・・・・


pibyvt08599.jpg


護岸工事で通行止めとか。

前回の時は工事して無かったのに・・・・・イジメか。


fbhikoC08600.jpg


工事期間を見ると、もう当面は鬼怒川沿いは走るのは不可能かと。

工事のおかげで、結局迂回路を何度も通る事になりまして余計に疲弊していく自分。

不動峠を全開で登った時点で終わってましたので、無事に帰ってこれた事に感謝しつつ・・・。


リザルト


bandicam 2018-11-11 17-40-07-950


教訓:ろくに山を登ったことが無いくせに、無計画でタイムアタックとか無謀の極み。

ただ、不動峠だけを登るのであれば往復4時間で楽勝って事も手応えとしてある訳です。

でも、不動峠1本登って帰ってくるっていうのもねぇ・・・飽きてしまいそうですけど。


体重


Screenshot_20181111-180949.jpg


前日比1kg以上。

これを見て頂ければ僕がいかに疲弊していたかわかるはず。

本日に至っては、前々日の体重にすっかり戻っておる訳ですが、太ももの筋肉とケツの筋肉が痛くて一日中苦悶していたのは言うまでもありませんね・・・・。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL