FC2ブログ
TOPバモス ≫ ブーコン取り付け顛末記

ブーコン取り付け顛末記

そういえば、ブーストコントローラーの取り付けの詳細をUPしてなかったので。ちょっと時間開いちゃったのでうろ覚えですが。

まずは荷物を降ろす・・何をやるにもこれだな~この車(笑
冗談はさておき、エンジンフードを開けて、リヤをジャッキアップします。もぐるのでウマもお忘れ無く。

IMG_2395.jpg


プロフェック2はコントローラーまで負圧配管を引かなければいけませんので少し面倒です。この配管はブーストメータの割り込み配管を更に割り込ませて接続しました。





IMG_2396.jpg


画像丸で囲った部分が純正のブーストコントロールソレノイドバルブです。コイツの変わりにトラストのコントローラーを設置します。

IMG_2397.jpg


純正のソレノイドを左に移動してタイラップ固定、純正が付いていたところにブブーコンをネジで固定しました。純正ソレノイドの配管はゴミが入らないようにリターンさせました。コネクタは抜いてません。

で、ちょっと問題があったのですが、配管がブーコン付属の配管だと、アクチュエータにつながる部分がぶかぶかでした。後で調べたのですがどうやら変換のパーツがあるようです。(6φ-4φ変換アダプター)今回は仕方ないのでアクチュエータサイズの配管を無理矢理ブーコンにねじ込みました。今はいいですけど、負担が掛かってそのうち切れちゃうかもです。そのうち対策する予定ですが。
準備して作業が吉。

IMG_2400.jpg


負圧配管の引き込みはここからしましたが、正直お勧めできません。荷物が移動してつぶれてしまう可能性アリ。
ってか、実際に一度つぶれてオーバーシュートしてしまいましたので・・(汗
現在はこの付近には荷物を置かないことで対応。結構適当です。

IMG_2401.jpg


設置場所(僕の場合はコラムカバー)までこんな感じで引き回します。
負圧配管も配線も、バモスの場合は全然足りませんので、DIYでやられる方は要注意です。

キット以外に必要な部品をある程度準備して望めば結構簡単に取り付けはできます。割とお手軽にパワーアップ出来ちゃいます。

ただ、メンテナンスなんかは今まで以上に気を遣う必要が出ると思います。メンテしない人は車の寿命を縮めるだけです。
ブーコン取り付けして故障しても当方責任は持てませんのであしからず。あくまでも自己責任でってことで。
まぁ、チューニングにリスクはつきものですから・・・。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL