FC2ブログ
TOPサイクリング ≫ 試走

試走

新型デュラ9100って検索しても、余り一般ユーザーには受け入れられてないのか、メーカーやら雑誌関連が多くヒットする訳で。

シマノから金貰ってるとしか思えない位良い事ばかりがつらつらと。

否定的な意見って、サイメンの飯倉氏くらいじゃなかろうかと言う位でして。

その実、どうなのかは自分で金出して検証して見る他無いなぁと購入してみた訳ですが・・・・。

結果から言いますと、シマノさんからは一円も頂いてないばかりか投資ばかりしてる僕ですら良いと言える位良いです。

参ったなぁ~、利権が無い以上ダメって言いたいんだけどなぁ~(苦笑

具体的に言いますと、まず乗り始めてすぐ気がつくのがブレーキのレバーが良い。握りやすい形状。しかも7900だとスペーサーとかでレバーを調整していたかと思うのですが、9100はネジで締め込んでレバーを調整出来るので、手持ちのアルテDi2と遜色なし。

シフトに関しては、「電動は必要無い」なんて記事を見て大げさだなぁと感じてましたが、あながちそうとも言えないかも。

フロント、軽いです。

どのくらい軽いかと言えば、ブレーキブラケットに触覚の様にシフトワイヤーが出ていた頃の軽さと言った所でしょうかね。

引きの軽さもそうですが、インナーに落とす時も「優しく」落としてくれるのが好印象。

僕は7900に9100のクランクをぶち込むのに、アウターに上がってくれないのでワイヤーをかなり詰めて調整していたので、結果的に今まで以上に引きが重く、かつリリース時はその目一杯張ったワイヤーを解除する衝撃が凄かったんで、よりいっそうUPもDOWNも上質に感じられまして。

リヤに関して言えば、今まででもそんなに不満と感じる人は少ないんじゃないでしょうか。リヤは5800の105でも別に問題無いと言えばそうですが、まぁより上質なシフト操作は味わえるとは思います。

シフト操作が余りにも気持ち良いのでガシャガシャやりつつ、追い風ってのも相まって気がついたら霞ヶ浦に到着してましたw。

rtjhtreh6462.jpg

実は、乗り始めにトップギヤに入らず、やっぱ素人メカニックはこんなもんだよなぁと思いながらも、ただロー側使えてれば僕的には全然問題無いと走ってきたのですが、ここまで走って来たら不思議とトップも変速するようになってました。
自転車って面白いなぁ。

帰路はいつも通り新利根川で。

軽く向かい風基調のまま手賀沼CRまで戻ってきて、マイペースで走っていると良い勢いで追い抜かされる。

2人で走ってるので、この列車に無賃乗車させてもらって楽して帰ろう・・・・と思って後ろに付いたは良いものの、快速列車と思って乗ったのが超特急列車だったという・・・・(汗

全然、楽出来ないどころか却ってしんどい状況・・・・

トレックジャージでいかにも速そうなDTバーの人(最初TTバイクかと思ったんですが、よく見たらロードにDHバーでした)と、もう一人の人がフラットバーの人でしたが・・・フラットバーの人が風をもろに受けながらごいごいとペダルを回す様は正に圧巻でした・・・凄すぎ・・・(^^;

僕みたいな「にわか」があんなガチな人に太刀打ちできる訳が無い訳で。

次から見かけても付いて行かないようにしよっと。

と、言う訳で初走行は上々の出来でした。136km走行でトラブル無し。

大げさと思われそうですが、フレームは一緒なのに、まるで違う自転車にに乗ってるようなそんな感覚になりました。9000ユーザーは9100にしても違いは感じられないんじゃないかと思いますが、旧式のコンポを使っていて電動に換えたいなぁと思ってる人なんかは、触れる機会があれば一度体感して選択した方が良いように思えますね。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL