FC2ブログ
TOPお出かけ ≫ 行く時期ミスった

行く時期ミスった

前回閉鎖中の時期でして、志し半ばで行けなかった場所に行ってきました。

ipkhntg04933.jpg

この駐車場まででも、結構道が狭く勾配のきつい道路を通ってくる形になります。飛行機が墜落していなければここへ向かう道路自体が通る事も無かっただろうな・・・・と感じながら入り口に立ちます。

ouhinrt4943.jpg

山歩き等した事がほとんど無い僕であっても、登れる様に整備がされています。無論、事故関係者の為にであって、僕の様な全くの部外者用では無いでしょうけど。
整備はされていますが、結構な勾配がありますのでハァハァしながら登っていきます。

brrecfu04946.jpg

写真の奥の沢に機体の後部の部分が尾根から落ちてきたと言われています。生存者もこの場所で見つかったらしいです。

無論その場所に行き全体を見回しましたが、墓標も数多く存在し、小屋の中には生前の写真なんかも飾られておりましたので、写真撮影は一切せず。

一通り見た後、反対側の慰霊碑を目指します。

ogbtdrs4947.jpg

目的地まで後一歩。

この手前で一人の男性とすれ違いました。「こんにちは~」と挨拶を交わした後に僕が思った事。

駐車場に着いた時に1台の車が有りまして、乗ってる人も居なかった為、先に入山者が居て良かったぁ・・・と。

が、今すれ違ってしまった為に不安ばかりが募る訳です。

vrfdsr04951.jpg

慰霊碑に手を合わせ、しばらくお邪魔させて頂きます、と。

反対側は

fdcesaj04948.jpg

明らかに木々が無く不自然な感じ。色々と想像をしてしまいます。
「もっと向こう側に足を進めてみたい」そんな衝動に駆られつつも、かなりの傾斜地であることは間違い無く、もし何か有った時に被害者遺族の方にご迷惑を掛ける事は想像に難くないので、少しでも危険と思われる行為は自粛する事に。

ってか、もう先に入山してた人とすれ違ったって事は、今は自分一人しかこの山には居ない訳で、助けを求める相手も居ない・・これはもう背水の陣と言えましょう(苦笑。

それでも、少しでも当時の痕跡を見つけたい!と思う探究心。

mhfyt04957.jpg

wasefg04961.jpg

mhyftd04962.jpg

30年以上経っても当時に思いを馳せる物が存在し、改めて凄まじい事故(事故で無い可能性もある?)で有ったであろう事を感じましたね。

こちらの近辺にもたくさんの墓標と、小屋に写真が飾ってありました。が写真には一切撮る事は無し。

記録に残す必要は無いです、こういうのは。記憶に残すのみで留めるものであり、もし記憶が不確かになればまた見にお邪魔すれば良いのです。そして、僕の様な偽善者であっても手を合わせ、風化させないって事が大事なのかなって思います。

今回の反省点としましては、完全に行くタイミングを間違えたって事。

山頂にて

mhyfyt04965.jpg

360度曇ってて何も見えね~~


最高の景色を見たかったなぁ~。

まぁ、梅雨の時期に行く僕にも問題が大ありなので、今度は閉鎖前に10月頃に行きたいかも・・・それなら熊の心配も少し減りそうだし。

xszgtghb04967.jpg

無事に駐車場まで戻って来れて、車見た時には安堵の一言でした。

普段、登山なんてした事無い僕にとっては下山を含めて結構過酷でして、今現在超~筋肉痛なのです(お恥ずかしい・・

色々と謎の多いこの地域。ダム湖を含めて閉鎖前にもう一度は行ったるぜ~思ってます。



awg4941.jpg

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL