FC2ブログ
TOPサイクリング ≫ 筑波山へ

筑波山へ

筑波山へ行こう!!と考えた時、車で輪行するには近すぎるし、かといって自走するには少し遠いのだよなぁ~と思っていまして、ただ僕が自走して筑波山に行く時は一般道をなるべく迂回するルートを選んでの事だったので、今回改めて最短ルートをグーグルさんに聞いてみました。
それによると・・・なんと40km程度の走行で行けるとの事。

それじゃぁ、苦手な一般道を走ってみるか~と行ってきました。

目指す所は大池公園でありまして

ojnkyf04771.jpg

ほど近いこの歴史的建造物付近にたどり着けたのは

oniobuj4772.jpg

なんと、自宅から46kmもの場所で御座いまして、グーグルの嘘つき~!!とか思いましたが、まぁこの辺は誤差の範囲なんでしょうね。

サイクリングロードでノンストップで46kmを走るのとは違い、流石に一般道は信号待ちも多く余裕で2時間以上掛かりまして、不動峠登る前に帰る時間じゃんと思いながら・・・

qaegv04774.jpg

とりあえず登ってみました。

筑波近辺を自転車で・・・って僕的には4回目位かと思うのですが、実は不動峠は1回しか登った事が無くて、その時もきつかった~って印象が強かったのですが、今回はなんかあっさり登れてしまったなぁと。

そりゃ、タイムアタックとかでしのぎを削る様な走行すれば心臓バクバクで死ぬ思いをすると思われますが、ゆっくり登るならアレ?もう終わりですか?って感じで、少し拍子抜けしてしまいました。

なので、景色を楽しむ余裕もあったりして、

b tcdrt[4777

これは懐かしいなぁ・・・とか。

iubv04780.jpg

NakatuレッカーとかKawaiレッカーとかお世話になった事は有りませんが、懐かしい響きだよなぁ。

当時の僕は、数十年後によもや自転車で筑波山を登ってるなんて思いもしてなかっただろうなぁと思いながら、しばし景色を堪能し帰路に着きました。


今回の筑波までの道中の中で、不思議な場所があり

wsrtv04768.jpg

普通に高速道路か、幹線道路の陸橋かと思って通過したのですが、

xsdcvtC04769.jpg

車が1台も走っておらず、僕好みの廃墟ティスト漂う感じなのです。

反対側も

jmiyu4767.jpg

何か道の先がバンクの様になってまして、もしかしてテストコースか何かなのか?と思わせる様な風情でした。

帰宅後に適当に調べてみたのですが、実はこの場所がどの辺だったか明確な記憶がなくて、何の施設だったかが未だ不明だったりしてます。

今度行く時は時間に余裕を持って出発して、不動峠の先のつつじヶ丘まで登り、余裕があれば筑波近辺をうろつきたいとも考えてますので、その時にこの施設の全貌も解明したいと考えてます。

未だに市街地走行が苦手で自走で筑波に行く事に否定的な自分が居ますが、この施設が何なのかの探究心はそれを上回るので、とりあえずのモチベーションはこれで保てそうです(苦笑

追記(5/29  どうやら、筑波土木研究所という所の施設らしいです。
なぜ、土木がオーバルコースを??と言う事は謎のままですが、場所も自動車関連の施設では無い事も判明したのですっきりしました。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL