FC2ブログ
TOP日記・つぶやき ≫ 続き

続き

クラッチホースをなんとか無事交換し終えて、エア抜きも完了したかに思えたのですが、いざ車に乗り込んでクラッチ操作をすると繋がるポイントが凄い奥になってまして。

クラッチ一杯まで踏んで戻し始めるとすぐさま発進するって感じで。

事前のリサーチでも、クラッチミートのポイントが変わるっていう書き込みがあったっけなぁ・・・と、この時はこれで完了と思ったんですが・・・。

一晩よくよく考えてみるとやっぱりどう考えてもおかしいって事になりまして。

そもそも、ホース換えただけでクラッチの繋がるポイントが変わる筈無いよなぁ~と。

明らかに配管内にエアーが残っていて、クラッチの踏みはじめでは空気がつぶれるだけで動かずに、ペダルの奥の方で漸くオイルが動いてきてクラッチが切れて・・・・症状はこれにバッチリ当てはまる訳です。

と言う訳で、再度エア抜きを行いました。

最初のエア抜きは、レリーズシリンダーのエア抜きバルブを開けっ放しでペダルを手で動かし、重さが出てきたのでOKって事で終了としたのですが、今回はペダルを数回動かしてから踏んだ状態に固定し(一人で作業なので、つっかえ棒を用意してシートとクラッチの間に入れて固定しました)、エア抜きバルブを緩めてからまた締め込み・・・って作業を5回位繰り返して行いました。

結果;やはりエアー抜き不良でした・・・作業ミスって事です(苦笑

作業後は、純正のミートポイントに戻りました。

あのまま乗って無くて良かったですよ・・・本当に。
だってクラッチがちゃんと切れて無い状態で走ってしまうって事なので、素人目で見てももあまり良い事では無さそうですから。

後は漏れ等の作業ミスが無ければ完了って事になります。丸1日乗ってみてリザーバータンクのオイル量が減ってなければ大丈夫でしょうw。

総括としましては・・・S6のクラッチホースの交換は素人が自分でやるのはお勧めしません!!!

tufgxd4326.jpg

手もご覧の様に傷だらけになります!

交換してからは近所をひとまわりしただけなので、変化の程はまだ不明です。

ネットの書き込みにあった「クラッチのミートポイントが格段に変化します」と書いてあった人は、自分で交換したのだろうか・・・。もしプロにお任せしての結果だとしたら、それが異常である事を気付かずに乗ってしまうよなぁ。

ああ、恐ろしい(苦笑
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL