FC2ブログ
TOP自転車 ≫ 登れるデブ

登れるデブ

僕はデブなので平坦路が好きです。
平坦路であればデブである事のデメリットが低減されて、追い風などが加われば非常に気持ちよくサイクリングが出来るからです。
ただこれが登りになると一転して、デブである事はマイナス面しか顔を出さなくなる訳です。これを補うのは気合いと根性だけかと・・・。

んで、本日ですが体調も回復傾向に向かってるので、再び筑波山へリベンジしに行ってきました。
前回はわんわんランド側から神社を目指して敢え無く途中リタイヤになってしまった訳ですが、今回は少し調べたら自転車乗りは車通りの少ない、大池公園から不動峠を目指すルートが一般的らしいので、そちらにチャレンジしてみました。

DSC_0i6yrxsduer023.jpg

ここが登り入り口です。この時点で60㎞くらい走ってきてるのと、この後帰るのに60㎞くらい走らなきゃなんないので、かなり不安だったのですが・・・。

結果から言いますと、

DSC_0ffvily;24

無事、登頂成功しました。

登り始めでオーバーペースだったようで、ハァハァゼィゼィと心臓が飛び出る感じだったのですが、途中で前走者の人に追いつきまして、その人に付いて走る事である程度心拍も落ち着いてきて・・・・って感じでした。
多分その人居なかったら今回も途中で力尽きていた可能性が高いですね。
結構ゆっくりめで一定ペースで登っていく事が大事だなぁとは思ったものの、こればかりは何度も登って学習しないと身につかない感じではあります。

でも、自分で言うのもアレで恐縮ですが、このデブが良く登れたよなぁ~って思いました。よくサイクルロードレースを見ていると解説者の方が、「登れるスプリンター」とか言う事があるんですけど、僕の場合は「登れるデブ」のカテゴリーに入るんじゃないかと。
もちろん速く登れる訳では無く、デブの割には登れんじゃんっていうレベルですけどね。

結局総走行距離が135㎞。もう少し近くにあれば毎週でも行って走ってきたいですけど・・・体のあちこちが痛いです(苦笑
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL