FC2ブログ
TOPN BOX ≫ パドルシフトの穴

パドルシフトの穴

純正品

DSC_0140.jpg

ボルトの穴の下に位置決めの穴があります。

社外品

DSC_0141.jpg

ねぇ~ですw

これをドリルで穴開けする必要があるのです。(貫通させる必要はありません)
僕はドリルの歯セットを持っていましたので、3㎜→5㎜で仕上げました。材質がアルミなので簡単に加工は出来ますが、道具を持っていないと買う必要があり余計な出費につながる模様。

装着後

DSC_0142.jpg

写真に撮ると木目の部分がどうしても明るく・赤っぽくなりますが、もう少し暗めな感じで浮いた感じはありません。ノーマルのハンドルとの交換であれば、上記の加工以外は簡単に交換出来ると思うのですが、僕はパドルシフトの配線を切ってしまっていたので四苦八苦しました。
と言うのも、配線のつなぎをギボシでしてしまうと大きすぎてエアバックが収まらないという事案が起こりまして。
これのせいで半日近く交換に時間が掛かってしまうという・・・。

久しぶりの純正サイズのハンドルはでかくて運転がしずらくなったんですけど、スイッチ類がハンドルに集約されている車の場合は、やはり純正の方が使い勝手は良いと感じますね。

もう少し小径で純正のハンドルも造って頂きたいと僕は感じるのですが・・・いまやパワステは標準装備なのだし、でかいハンドルの意味合いってあるの?って思います。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL