FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年08月
ARCHIVE ≫ 2018年08月
      

≪ 前月 |  2018年08月  | 翌月 ≫

藤沼ダム

震災で決壊したダムを訪問と言うことで、2014年の8月に初訪問しました。

ブログにはUPしてませんでしたが、その後2016年の1月にも再訪問しておりまして。

2016年1月の時点では、自然公園の駐車場以降は立ち入り禁止。


kokiji03916.jpg


今回、改めて看板を見返してみると・・・


atiyfgty03918.jpg


先日までニュースで騒がれていた建設会社の名前がありました。結構手広いのね。


2016年

b fdr03905

今回

ivgk8365.jpg


2016年

gvnhcjy03910.jpg


今回

qsdghy08370.jpg


  
周遊道路の動画




次に訪問した時は、周遊道路の全面開通と美しいダム湖の姿が望めると良いなぁと思っております。
スポンサーサイト



クロスバイクでリハビリライド

体調はかなり良くなって来たものの、体力の減衰は未だに感じる今日この頃。

ふと部屋のバイクラックを見ると埃を被ったクロスバイクが鎮座していて、とりあえず埃を払うべく洗車をする。

その後少し走ってみると、どうにも変速が頂けない。

まぁ、フロントディレーラーなんてティアグラの3段用の物を未だに使い続けてる訳で・・・・って訳でちょっとメンテするかーと。


rxdibnjon8299.jpg


間違えて買ってしまった直付用バンドが有るので、それを使って転がっていたデュラエースのフロントディレーラーを装着。

折角チェーン切るのだからと、リアディレイラーも取替えちゃおう。


nubuytr8301.jpg


巷では105のコンポでも充分とあるが、やっぱりデュラが良いです。

調整も決まるし、シフトもスパスパ決まる。

まぁ、僕が使ったことがあるのは5700系ですので、その後のモデルはどうか知らんですけど。

で、走りました。


inbujcy825_162524.jpg


Screenshot_20180827-161548.jpg


やっぱ変速がスパスパ決まると気持ちが良い。

車重が重いし、風の抵抗が多いので速度はあまり出ませんが、こんなペースが心地良かったりします。


pijvugt25_162544.jpg


クランクがへぼいので変えたいんですが、手持ちでコンパクトクランクはこれ以外持っておらず、コンパクトを捨ててアルテグラクランクにしてしまおうか・・・・ただ、この超ヘビー級をノーマルクランクで乗りこなせるのか・・・ちょっと悩み中だったりします。


リハビリライド後の体重

Screenshot_20180827-161610.jpg


順調に体重を戻しつつ運動で消費してる感じで、体調的には入院前に完全復調した感じです。

ここからは鈍った体に少し鞭打つ位で調整して、9月末に控えてる血液及び内視鏡検査に望みたいと考えてます。

ドライブしてきた。

退院後に、病院食程度の量で減量出来て(゚д゚)ウマーとか言ってたわけですが、急激に体重を落とした為か体調不良になりまして。

退院後の診察と内視鏡検査の予約の為に再び病院へ出向いたのですが、血液検査で少し悪い結果が出てしまいまして。

これも恐らくは急なダイエットによるものと思われるんですが・・・。

どうにも、ふらつきと目眩が酷いので徐々に通常の食事へ戻し、体重も増加してきたら体調も落ち着いてきました・・良かった。

そんなもんで、なかなか自転車を思い切って乗る事ができず、ドライブなら病み上がりの体にも優しいので・・・って事で出かけてきました。

行き先は栃木~福島。

まずは栃木の県道266線。


bandicam 2018-08-24 09-54-26-061


地図の赤矢印の場所、国道400号線からは何度か走行した経験もありますし、動画の撮影なんかもした訳ですが、その反対側には実は一度も行ったことがなかったんです。(緑の矢印で記した場所)

それじゃぁ行ってみようかと。(紫の線の場所は計画が頓挫して廃道化された場所になります)

グーグルのストリートビューですと、鉄の門で封鎖されてるのでその前で写真撮れればいいや位のつもりだったんですが・・。


とりあえず分岐点。


uighfg08321.jpg


なんか、看板だらけ。


hhndtgy08322.jpg


もちろん通行止めの案内もあります。


更に登って行きますと、


nbghcx08317.jpg


またもや通行止めの看板が。

この少し先に鉄柵があるんですが、どうやら冬季以外は開いてて走れる模様、ラッキー。

って事で通行止めの場所まで走行してきました。


wadesfs08303.jpg


こちら側にも駐車場が設営されており、車4~5台は駐車可能。


nbhgjjkf08307.jpg


どうやらこちら側は、ここから先は立ち入り禁止では無く、登山道として歩いて登って行く事は許されているって感じでした。


11月30日に封鎖ですから、その前に登りに来るのも面白いかもなぁ・・・。


ちなみに、


バイクラック08309


こんな鉄の棒が無造作に設営されていて、ぱっと見た感じで「まさか、バイクラックじゃないよななぁ」とか思ったんですけど、写真見返してみたら、後ろのガードレールにサイクルスタンドって書いてあるわ・・・(汗

こんな所まで自転車で登ってくる人が居るのかどうかは不明ですが、わざわざ設営してるって事はそういう事なんでしょう(苦笑)


どんな感じの道かは動画UPしましたので、お時間の有る方は是非。


スマートトレーナーその後

先日、ぶっ壊れてしまったスマートトレーナーですが、その後モノタロウにて巾・山数共にバッチリのベルトを取り寄せ、交換致しました。

結果、

ベルト以外にも問題有りと判断せざるを得ない状況でして・・・。

なんか、ベルトテンショナーとかもガタガタで、そもそもそれが異常なのかどうかの判断もつかない訳ですが、ただ状況としてはベルトが脱線し外れてしまう症状が出まして。

見た目完全に一致と思われたベルトですが、もしかすると微妙に違うのかもしれません。

正常な状態の時にどういう動きをしていたか見てないので、もう完全にお手上げ状態。

メーカー名で検索すると、正規代理店の様なHPが有りまして、ダメ元で商品の技術的なお問い合わせというフォームで問い合わせてみましたが、何の返答も無く。

アフターサービスも保証も無い、海外製品を買った僕が馬鹿でした・・・


って事で買い直しましたよ、高い勉強代になっちゃいましたが。


uoighf08283.jpg


ダイレクトドライブ式は海外製品しかないので、同じ過ちは犯すまいと安心の国内製品を。


tresfgtnxhmy08285.jpg


タイヤドライブなので、少々音が気になる・・・って事で追加で以下も購入。


11速用のローラーで使えるホイールを持って無かったのでホイールと、

xdsert08292.jpg


ローラー専用タイヤ。


mnbujycj08293.jpg


送料を無料にすべく、チューブも2本買いました。


装着後

oijhhj 08294


タイヤはすんなりと嵌まりました。


wawaf08296.jpg


このタイヤのおかげで、作動音はかなり減少しました。流石は専用タイヤと謳ってるだけの事はあります。

ミノウラの神楽については現状で色々不満点もありますが、万が一半年持たずにぶっ壊れてしまったとしても、修理も出来なくなるって事は無い筈ですので、ファームウェアの更新を期待しつつ使用していきたいと思います。

入院した話しの続き

入院手続きをしたって事は、身柄は病院に拘束されているので、何か事故でも起こると病院側の問題になります。

なので痛がってもだえ苦しんでる人(僕ね)が外出することに渋ってましたが、何とか説得し1時間のリミット付きで帰宅した僕。

渡された入院診療計画書には、入院期間は6~10日と書かれておりますので、下着をかき集めてバックにしまい、次に暇をつぶすにはどうしたものか・・・と考える。

前回入院の時はモバイルPCとポケットwifiを持ち込みましたが、もうポケットwifiは手元には無し。スマホでテザリングするとあっという間に通信制限一杯まで行ってしまいそうなので、スマホの充電器のみを持って行くことにしました。まぁ、スマホ有れば何とかなるかなって事で。

後は歯ブラシやらコップやらティッシュやらを詰め込み、トンボ帰り。

そして病院へチェックインしました・・・


20180807_153210467.jpg


ここからは24時間点滴。


ちなみにですが、入院計画書に病名も書かれていて、僕が患った病気というのは「上行結腸憩室炎」と言うものでした。

全然耳なじみの無い病気だったんですが、要するに腸の内壁にくぼみが出来るのを「憩室」と呼ぶらしく、それが炎症を起こすと「憩室炎」になるとか。

僕は右の下腹部に痛みを発症しましたので、上行結腸の憩室炎と言うことになりましたが、その逆側、左の下腹部に痛みを発症するとS状結腸憩室炎と呼び名が変わるようです。

で、この病気の治療方法は終日間絶食して、ひたすら抗生物質を投薬し続けるというもの。

輸血ならぬ輸液という点滴を、6時間掛けて4回落とし、朝と夜2回抗生剤(こちらは1時間位)を落とすと言う流れで。

点滴の入替は朝6時、昼の12時、夜の18時は良いんですが、深夜0時の回が寝てると起こされてしまう・・・・・。寝起きのどっきりみたいな感じ。

結局、7日の火曜日に入院して、御飯が出たのが10日の金曜日の昼からでした。

ただ、24時間輸液してるのでお腹はそんなに空かないし、絶飲食では無かったので水は飲めるし。この病院って内臓系の病院で、かつ他の入院患者は殆どが内視鏡検査で1泊の為、飯は食わずで退院していくので、飯の時間が来ても誰も食べてる人が居ないし、まれに食べてる人が居たとしてもまずそうな粥だけなので、いわゆる飯テロが無かったぶん精神的には凄く楽でしたね。

これが総合病院とかで、怪我の患者とかと同室で、飯以外でも売店行って買い食いでもされてたらかなりの苦行だったに違いないなぁと思いましたね。


20180810_120256429.jpg


五分粥からスタートして、すぐに全粥にステップアップ。(1回だけうどんがでた)

一見して量が少ないと感じますが、3日間くらい固形物を口にしなかった事で、胃が随分と縮小した様で、この量でも満腹に。

飯が出たことによって、輸液が朝の1本だけになり(抗生物質は退院するまで2回投薬されてましたが)、かなり身軽に。

ここまでは病棟内のシャワーのみだったのも、大浴場使用可になり早速出向く。


20180811_133330190.jpg


ちょっとしたビジネスホテルの大浴場なみ。入院は最悪でしたが、脚伸ばして入れたし、ジェットバスだし、貸し切り状態だしって事で、ここでかなりストレスを解消する事に成功。

ストレス解消も手伝ってみるみる病状は良くなって来て、最後の方は退屈との戦いになってましたね~(苦笑)

土曜日が祝日と重なってしまった為、退院許可がでないまま苦痛の土日を過ごすことになりましたが、月曜日に主治医の先生が来るなり退院の許可を出して頂いたので、無事に月曜日の午前中を持って退院となりました。

なので都合6泊7日の入院でした。

苦楽をともにしたベッドに別れを告げ、


20180812_062855917.jpg


久しぶりに外に出た一言目は「暑い~」でしたw

入院中に1度体重計に乗ったんですけど、その時は全然体重が減って無くて驚いた訳ですが、帰宅後も病院食程度の量で満腹感があるので、このままの食事を続けてみるか~とした所、



Screenshot_20180815-180923.jpg


2kg位体重が落ちました。

まぁ入院してる時なんて、一日中横になってるか座ってるか屁をひねってるか位しかしてなかったので、あの飯の量で普通に生活すれば、無理に運動しなくとも自然と標準体重に近づいてくるんでしょう。

ただ、普通に生活してて絶食なんてする機会はまず無いので、今回胃を縮小する良い機会になったと感じてます。

どこまでこの食事量を続けられるかは未知数ではありますが・・・(汗

どか食いして腸に負担を掛けると再発する危険性もありますし、あの痛みを考えるとどか食いはもうないかな・・・・喉元過ぎれば熱さを忘れるにならぬようにしたいものですが。

退院後の診察で今週末また病院へ行くのですが、そこで大腸の内視鏡検査の予約を取ってくるつもりです。(胃もついでに)

歳を取ると生きるって事が大変だよなぁと、つくづく感じますねぇ・・・・・

入院した話

先週の日曜日に自転車乗りまして。

印旛沼CRが花火大会で通行止めだったりしながら、


pighc08278.jpg


wasgdf08277.jpg


花見川から東京湾へ。


nbjkituy08279.jpg


その後は江戸川CRで帰宅という久しぶりのルートを走ってきたのですが、ガーミンの調子が悪くて走行ログは取れず。

データーのログは取れてましたが・・・・


Screenshot_20180806-095251.jpg


で、帰宅して、いつものごとく発泡酒をたっぷり呑んで寝てしまったのですが、その日の0時位に目が覚めた時にかなりの腹痛が。

僕は結構頻繁に腹痛を起こす体質なので、気にせずに二度寝しようと思ったのですが、その後すぐに下痢症状が。

腹は更に痛むわ、下痢が酷いわでこの後は一睡も出来ず。

翌月曜日は仕事休んで寝てる事にしたのですが、相変わらずの腹痛と下痢。

食欲なんてとうに有りませんので、朝はインスタントの味噌汁飲んで、昼はおかゆを食べて横になっていたのですが、午後3時を回ったあたりでトイレに行った時、下痢の中に血便が・・・・これには少々焦りました・・・(^^;

これはO157の可能性も否定出来ないなぁとか思いつつも、今から病院行っても外来受付も終了だなぁと、安静にする事を選択。

トイレ自体はこの血便を最後に出なくなりまして、ただその代わり腹痛は激しさを増す感じで。

もう、この日の夜に至っては、15分おきに訪れる強烈な痛みとの戦いで、一睡もすること無く朝を迎えました・・・。

もう・・限界。


つ~事で、朝一番に胃腸系の大きな病院へGO!

いつも結構待たされるので覚悟して待っていたのですが、9時15分位に1回目の診察。

先生の問診と触診で、もしかしたら虫垂炎の可能性もあるとの事。いわゆる盲腸ってやつですね。

とりあえず、レントゲンと採血しましょうって事でそれらをこなす。

採決の結果が40~50分かかるから、そのくらいの時間に待合室にいてくださいと言われたものの、腹が痛いのでどこかでウロウロする余裕も無しw

なので、待合室で待ってると、30分位で僕の番号が。

あれ?なんか早いなぁ、ラッキーと思いつつ診察室へ。

この腹痛いままの状況で待たされるのは非常に苦行だったので、これで薬処方して貰って家帰って横になれる!と思っていましたが。

先生の現在の病状説明がなされたあと、治療には入院が必要ですと。

全然心の準備もしてなかったので、さてどうしたものかと考えてると、悪化すると手術が必要になっちゃうよ(実際はこんなラフな言い方では無い)と言われたので、承諾することにしました。

さて、人生で二度目になる緊急入院になってしまったのですが、前回と違って今回は歩ける。

しかも、車に乗って来てしまったので置いてこないといけない訳で。(駐車料金がとられるので)

入院準備の期間が欲しい(自分的には翌日入院とかを希望したつもり)と言った所、じゃぁとりあえず入院手続きして、その後1~2時間位の外出許可出すから、準備してこいと言われてここからはバタバタと。

病室に案内された後、一次帰宅すると看護師に言ったら駄目ですと言われ、先生は良いと言ましたよとか、一悶着有ったりして。

帰宅するにしても痛みが酷いので痛み止めの座薬をぶっ込んで貰って病院を後にするのでした・・・・