FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

ブルーレイレコーダーを買いました

定番のパナソニック製。

fgh04915.jpg

今まで使っていた・・・って言いますか、あまり使って無かったパイオニアからの買い換えです。

gfdn04917.jpg

アナログTV終了のシールが貼ってあります。なのでチューナー自体は使い物になってませんで、主にDVDプレイヤーとして使っていたのですが、ブルーレイが再生できない事から更に使用頻度が減っていったという一品です。

今回何故買い換えたかと言いますと、「ツールドフランスを大画面で見たいから」って事になります。

例年は、ローラー台に乗りながらPC用のモニターで観戦するスタイルでして、1レース見終わるのに3日とか掛かっていた訳です。

今年は・・・・前哨戦のドーフィネがかなり見応え満点だったので、流石に生で見るのはアレとしても、録画した物を翌日にビールでも飲みながらじっくり鑑賞しようかな~と思いまして。
それならパソコンのモニターじゃ無くテレビで見たいなぁと、そんな感じす。

drfttrh04916.jpg

最近のこの手の商品は非常にコンパクトで軽くて好感が持てますね。既存のパイオニアの製品のでかさと重さにうんざりしながら交換作業も無事完了。
少し弄ってみましたが、動作もサクサクで快適です。思い切って買って良かった♪

後は期待を裏切らないレース展開になる事を祈るばかりです。
スポンサーサイト

アクセルブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト


65_dl0000511254.jpg


こんな装置を付ける事自体おかしくないでしょうか?

車は免許制であって、安全に確実に運行出来る技量が無ければ、公道で車を走らせる事は不可能な筈、なのです。

アクセルとブレーキを間違えて操作する様な人間にも免許を与え続け、それを電子制御で押さえ込もうとする姿勢が納得出来ないんですが、僕が間違っているのか。

万が一こんな装置で事故を未然に防げたとして、今はコンビニに突っ込む程度の事故が、もっとスピードが出た時の重大事故に繋がってしまうのではないか、そう考える自分は考えすぎなのか。

アルコール検知でエンジンが掛からない様にする装置の開発も、またしかりと感じます。

酒飲んで車運転しないなんて当たり前の事。でも、その当たり前の事が、最近で言えば北海道の警察官であっても出来ないのですよね・・・。

飲酒運転の事故に於いては、重大事故が多いと感じますから、そういった装置を付けざるを得ないんでしょうけど、なんかね。
飲酒してなければ運転技量に問題無いわけですからたちが悪い。

なんにせよ、車を運転するって事は、いつ人の命を奪ってしまうかもわからない危険な行為ですから、自分の運転に慢心・過信する事無く運転して頂きたいですし、自分もそう有るべきだとは思っています。

だから最近車乗る機会が減ったとも言えるんですがね・・・・。


空梅雨

夏っぽい風景

wiihg04909.jpg

この大玉がずらりと並ぶ風景はなかなか圧巻と感じますね。

梅雨入りしましたが、それなりに晴れの日が続いていますので、それなりに自転車には乗ってます。

実は車にはほとんど乗っていません。

車は・・・この時期に乗るとどうしてもエアコン付けないと乗ってられないってのがありまして、あんまり健康的では無いよなぁとか思いまして。
チャリですと、思う存分たっぷりと汗を掻く事が出来ますので、その後シャワーを浴びてスッキリしてビールを飲みながらDVDを見るなんて事をしても、自分自身に良い訳が出来ると言いますか、そんな感じなのです。

車2台も有って(軽だけどw)、ひと月に1回もエンジンも掛けないってのも、それはそれで問題だよな~とか思いますので、次の休みには矢木沢ダムにでも行って枯渇具合の観察でもしてこようかなぁ~とか思っていたりしてます。

関宿城趾

関宿城って~と、どうしてもレプリカのお城の方がメインになってしまいますが、実は本当の城趾はココなんですよね。

bihh4882.jpg

前々からこの場所は気にはなっていたものの、ここに至るまでの道がダートなのでロードバイクで行くのにはちょっと・・・って感じだったのです。
チューブレスタイヤに変更したので、ある程度のダートなら走破できるはずっていう、何の根拠も無い自信からの初めての訪問です。

関宿城趾には番人がいらっしゃいまして、まずは差し障り無い用にご挨拶。

kycjxt04883.jpg

石碑の反対側にも居ましてですね

eWtrfcx04896.jpg

ちょっと、あなたリラックスしすぎでしょw

僕の様な侵入者が来てもお構いなし・・・・でしたw

よく見るとその後ろにも番人が居まして、陽も当たるし住みやすい場所なのかもしれませんねここは。

旧城跡から新城を見る

kycfcy04889.jpg

不自然に松の木があったりするので、その昔は確かにここに城があったのかも・・・とも思え無い事も無いです。

遺跡云々も無いので、観光地化に力を入れてない感じをありありと受けましたが。

まぁ、関宿城のレプリカに来て貰った方が入館料が取れますから、こちらは必然的におろそかになる事は致し方ないんでしょうけど。

この後、番人に丁寧にお礼をし、この場を去ったのでありました・・・・

ひとまわりしてきました。

この前タイヤパンクしちゃって印旛沼までしか行けなかったので、今度こそはと行ってきました。

東京湾
tdgol04858.jpg

この後マリンスタジアム前を走ってる時に、「前行きます!!」と背後から突然言われてびっくり。

車の走行音が結構五月蠅くて、僕自身も35km/h位で走っていたので全く背後はノーマークでした。抜いていった人は40km/h位で走っていたかと思います。まぁ、無理すればついて行ける速度ではあった(この付近はいつも追い風なので)のですが、こんな所で無理すると帰り辛くなるのは目に見えてますのでマイペースで。

江戸川に出てから随分と橋の工事進んだなぁって思ったので停車して写真撮りました。

afryh04861.jpg

ここは電車の車庫的な場所なのかな~、いつも駐まってます。

puyfg04865.jpg


acvtd04869.jpg

橋の上に橋をのっけて橋を延ばしていくんですね~(なんのこっちゃ)

どこかで、橋の建設途中で落っこちてしまった事故がありましたが、くれぐれも安全第一でやって頂きたいですね。

これだけ立派な橋なので、てっきり高速とか有料道路の類いかと思いましたら

bbdsf04870.jpg

一般県道なんですねぇ。地元じゃ無いので分かりませんが、この橋が出来る事によって渋滞が緩和されて地元民歓喜!って事になるんでしょうかね。
僕なんかですと、流山橋が万年渋滞ってイメージが有るもので、その近くにももう1本橋を架けて頂きたいなぁ・・・^^;

で、久々にポニーが居ました!超うれしい。

ogede04875.jpg

あ~癒やされるなぁ

pprerjjf04874.jpg

もう草喰ってる所見てるだけで幸せ。

qsfnjk04877.jpg

ずーと見ていたい・・・・と思ってたらものの5分位で飼育係が来て、連れ去っていきました・・・・ああああ。

まぁ、とりあえず久しぶりにポニー見れたし、ノートラブルで130km弱走り切れたし、長らく76kg台で安定していた体重も74kgを切ったので、満足な1日になったかな。(その後ビールをたらふく飲んでリバウンドしたのは言うまでもありませんがねw)

パンクの対策

チューブレスタイヤのパンクの洗礼を早くも受けてしまいました僕。

新品のタイヤなのでしばらくは大丈夫だろうとは思うものの、やはり不安はありますので対策をとります。

breerfC04848_201606091623422f9.jpg

と言うわけでパンク修理剤を購入しました。右のはバルブのムシを外す工具です。

最近では、車ですらスペアタイヤが装備されずに、パンク修理剤が装備されています。あれはあれで結構不安ちゃ不安ですが。

なので、とりあえずはこちらを携行する形で対策しようと思ってます。

あらかじめ入れておくって方法もあるらしいのですが、空気入れる時にバルブを下にして入れるとバルブが詰まっておしゃかになるらしいので、上向きで空気を入れるクセを付けてからにしようかな・・・・と。

とりあえずこれで安心して遠出もできるかな。

チューブレスタイヤ装着

注文の品が届きました。

DSC04843.jpg

色々考えて、結局はおまけで付いてきたタイヤと同じ物を購入しました。これより軽量設計の物もありましたが、1本当たり1000円プラスで前後計2000円を10グラムとか20グラムとかの差に払う気になれませんでした・・・。

vav4844.jpg

サランラップに巻かれてるのが何とも。パン屋のコロッケサンドの様な扱いでワロタ。

計量
rgw04846.jpg

brfae04850.jpg

組み付けに関してですが、youtubeで脱着動画見て、それを踏まえておまけで付いてきたタイヤを用いて3回位脱着の予行練習をしましたので、タイヤレバーも使わずに比較的すんなり組み付け出来ました。

bra C04851

おまけタイヤ付きの買ってて良かったわ~。

多分いきなりの組み付けだったら、上手くいかずに新品タイヤを傷付けていたであろうし、ビード上げにもイライラしていたで有ろう事は予想に違わない訳で。

予想に反してスムーズにチューブレスタイヤを導入できたのでホッと胸をなで下ろしております。

こんな事ならデュラc24もチューブレスタイヤ用を買っておけば良かったかなって一瞬思ったんでですが、まぁそれも一長一短有る様なので、c24に関してはクリンチャーで良かったかな~っとは思ってます。

シャマルだって今回はチューブレスタイヤにしましたが、そのうち気が変わってクリンチャーにするって時が来るかも・・・だし。

とりあえず、これで安心して遠出が出来る様になったと思うので、前回のリベンジ走行をしたいなぁと考えていますが・・・梅雨到来でモチベーション低下中かも。

染めQでサドルを塗ってみた

クロスバイクの時に買った・・もしくは最初にロードバイクを組みあげた時に買ったサドル。

gfg04798.jpg

色が白いっていう理由のみで出番が無くなってしまったのですが、巷では染めQなるものが何にでも塗れる塗装として有る様で。

じゃぁ買って使ってみるか~と。

tfdhhrdt04796.jpg

1本2000円位します。結構お高めです。

fgfgnC04797.jpg

適当に養生して塗っていきます。

mmC04799.jpg

塗っても塗っても生地に浸透していく感じで、2000円がどんどん減っていきます。

knC04801.jpg

どこかで折り合いを付けないと、一生染めQをサドルに塗り続ける人生になりかねないので、この辺でよしとしました。

装着前

nccnC04810.jpg

装着後

bbjm,04812

カラーリングとしてはまずまずと言った所でしょうか。

これでケツへのダメージの軽減に繋がってくれれば大成功なんですがね。

NEWホイールとタイヤの洗礼をいきなり受けた

ホイールを新たにしてウキウキで自転車乗りに行きました。

今日は風が強いので風向き予報を確認し、帰りが追い風になるようにと印旛沼から花見川抜けて江戸川で北上するルートを選択。

印旛沼までは予定通り順調に行ってたんですがね・・・

途中でフロントタイヤの接地感が無くなりまして、ああパンクかぁ~と。

ただ、チューブレスタイヤはエアの漏れがやんわりでして、エアが抜けきってもクリンチャーの様にリム打ち状態にもならないので、とりあえず携帯ポンプで空気補充。

この時点で本日の予定ルートは見直ししまして、即帰宅ルートへと変更。

スローパンクチャーとは言え、結構まめに空気の充填が必要でして

rhsz4830.jpg

10kmは持たないので結構うんざり。

mc4832.jpg

替えのタイヤもチューブも持参してますので、何度も換えようかと考えましたが、どうせ新しくチューブレスタイヤ買わなければならないし、そうなればまた交換しなければならないって事を考えると面倒な事この上ない訳で・・・・。

予定では帰路は追い風で悠々と帰ってくる筈だったのですが、このアクシデントの為向かい風の中走り続けなければならないやら、頻繁にタイヤの空気を確認し、減ってたら補充しながらやらで、帰宅後は疲労困憊。

とんだ初試走となってしまいました・・・・(苦笑)

帰宅後、僕を悩ませていたエア漏れの原因はどいつなんだ!!って事で石けん水を振りかけますと、

kbygdexze04838.jpg

結構な勢いで空気が漏れてまして、シャボン玉があっという間に出来上がる始末。

zqehgtv04841.jpg

丸で囲った部分がパンクの原因ヶ所ですが、まぁ経年劣化でしょうね~。異物を踏んだとかでは無さそう。

ただ、これだけガンガン空気が漏れてても、なんだかんだで走れてしまうのが、やはりチューブレスは凄いなぁと感じました。リム打ちしないってのはやっぱ良いね。

おまけで付いてきたタイヤがあっけなく逝ってしまわれたので、仕方ないので新品を注文しました。

チューブレスタイヤの交換は手間が掛かるらしいので、今からちょっとドキドキしてますけど。

久しぶりに自転車のパーツ購入

S6購入してからというもの、日々車の部品を物色しまくりで購入を重ねて参りましたが、その熱も一段落。
もちろんまだまだ欲しい物はありますけど、一気に出来るレベルじゃないし、そもそも車の部品は高くて費用対効果が薄いのが難点ですよね・・・。
その点、自転車のパーツは比較的安価で効果も体感しやすいと感じます。

oljuiyiv04815.jpg

自転車の部品でこれだけでかい箱ですと、フレームかホイールかって事になりますが・・・

今回購入したのはこちらです↓

q42yug04817.jpg

ホイールです。

かんぱにょーろです。

シマノ以外のホイールを初めて買いました。

購入までの経緯ですが、先だって使っていたRS81のリヤホイールがぶっ壊れた為、山登り用と購入していたデュラのC24ホイールを常用し始めたのですが、これがすこぶる良いのです!

正直、軽いだけで効果が感じられるのなんて登坂時だけでしょなんて思ってましたが、これが大間違いで。

もうね、漕ぎ出しから軽いし、30km/h前後の巡行走行は楽チンだし、もちろん上り坂があってもいつもより楽に登れるしで、僕が思っていた以上にホイールの性能って走行に大いに影響があるんだなぁ~って。

その状況を踏まえて久しぶりにフェルト号に乗ったら、漕ぎ出しは重いわ巡行までの速度の乗りも悪いわ、横風の影響を受けて重いわ登坂はすこぶる重いわで、まるで良い事無し。

今まで格好が良いという点だけでディープリムのホイールを使ってましたが、僕ごとき貧脚はディープリムのエアロ効果が出る領域まで持って行けないので、ただの重いホイールでしかないって事をまざまざと感じてしまいました。まぁ、フルカーボンで超軽量のディープリムとかだと話しは別だと思いますが、そんなデリケートで高価な物は僕には買えませんので・・・。

でも、なんとかしたい!!

なんとかしないと、もう一生フェルト号に乗る事が出来ない!!(大げさ)

と言う訳で今回のホイール購入と相成った訳です。

brr04818.jpg

購入したのはシャマルというやつです。カンパニョーロブランドは良く存じ上げないのですが、多分アルミリムでは上位の方のホイールかと思われます。
自転車のパーツって、後々になってから上位のパーツが存在するとそちらが気になり、ゆくゆくはその上位パーツを我慢できずに買ってしまうという流れになってると思われますので(僕だけ?)、後悔の無い様に少々お高めでしたけどコイツに決定。

まぁ、最初の外箱の写真見て貰えば分かると思いますが、中古品ですけどね。僕には中古でも充分お高い・・・(汗

ちなみにおまけでタイヤ付いてきました。

aawg04820.jpg

ひびがあるので使用にあたってはあくまで自己責任で・・って事でしたが、とりあえずエア漏れとかも無さそうなので当面はこのタイヤで乗ってみようかな~って思ってます。
初のチューブレスタイヤって事で、乗り味なんかも少し期待してたりして。

本来ホイールの純粋な比較とかですと、11速のスプロケ付けてオルベア号で比較試走するのが良いのでしょうけど、面倒臭いのでそれはヤメ。

10速デュラを綺麗に清掃し

oibhyu04821.jpg

組み付け。

nmrds04822.jpg

全体図

nytdrs04826.jpg

ディープリムじゃなくても、カンパのホイールは格好良い!

スポークも太いし、やはりリヤのG3組ってのも良いですね~。

本当、見た目のデザインだけで言ったら、シマノホイールは購入に値しない位に地味だよなぁと改めて感じさせる造りです。

走行少なめ(まぁ、自己申告ですけど)ってのを買いましたので、全体的に綺麗で現段階ではとても満足。

1㎜も乗ってませんので、見た目は満足ですが走りの方は??です。

評判は良いホイールなので乗って印象が悪いって事は無いと思いますが、試走してみるまでは不安で一杯w

これ買っちゃったのでS6のアクティブスポイラー購入は完全に先送りに。次の目標としてコツコツお金貯めますかね~、コツコツ。