FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
      

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

ぶらぶら

久々に風が無くて自転車日和じゃん!

サクサクっと手賀沼から利根川、安食ト杭を経由して印旛沼へ。

こんなに恵まれた環境なのに印旛沼CRに人が居ない・・・・

rgwsz02526.jpg

いつもなら歩行者やらランナーも多いんですけど・・・まぁ走りやすいから良しとします。

んで、印旛新川から花見川CRを目指します。

道の駅八千代まで来て、気になっていたコイツと面会。

98y5etz02530.jpg

風が無いので水面が穏やかでいいやね。

efqawg02533.jpg

ちなみに、橋の名称は「八千代市民の血税を無駄に使った橋」では無くてですね

opiohuo02527.jpg

印旛放水路という名称でした。

vyrjd2534.jpg

もうとっくに出来ていたのですねぇ。全然知らなかった。

で、実際の稼働状況ですが、割と人の往来があるなぁと思いました。ただ、それで反対側の農場施設が潤って橋の建設費を回収できるのかは不明ですが。

ようやく人も切れたので正面から

wqam2535.jpg

その後は花見川CRを走って海まで。途中デザインが面白いマンションが有ったので。

poikjvtuc02537.jpg

海ではパラセーリングが気持ちよさそう

qaiyhbvkh2543.jpg

港にも寄ってみたり

maqwijo02544.jpg

ここからは湾岸道路沿いを江戸川に向けて走ります。

市川付近で、外環道路の建設なのか

woiyxh2550.jpg

wmosdeg556.jpg

もうじき、このあたりの景色も変わっていくのでしょうね・・・・

江戸川出てしまえば後は北上して帰るだけなんですけど

pjivyu2562.jpg

江戸川にも橋を建設中でした。これも外環道なんでしょうかね。

実は八千代過ぎた当たりから海方面からの風がどんどん強烈になっていき、海出るまでとマリンスタジアムの前とかは横風で厳しかったのですが、江戸川出てからは追い風になったので割と楽に全行程走派できたかなって思います。

結局120kmちょっとの走行でしたが、よくよく考えると100km越えって久しぶりかも。
良い季節になったので積極的にもっと乗っていきたいですね。
スポンサーサイト

所有権解除に挑む

チェイサーが今年車検なんですけど、もう車検通したくない気持ちで一杯なのであります。

ただ、ローンで購入し面倒がって所有権解除しなかった為、今現在自分ではどうする事も出来ない状況なのです・・・

DSC02524.jpg

ご覧の通り。

かれこれ17年近くチェイサーを使用していて、3年でローンは払い終わったのにも拘わらず面倒がって自分の物にしてなかったって事になります。物ぐさすぎだなぁ・・・自分。
購入したディラーさんにも無料点検以来疎遠になり、行きづらくなったってのもあったりしたのでねぇ。

ただ、このままではS660購入の足かせになる!!ので、意を決して所有権解除する事に。

ネットで調べたらネッツ本社に必要書類を送るみたいな感じで不明な点もあったので電話して確認したら、最寄りのDでやって貰った方が簡単に済みますよとアドバイスを頂き、必要書類もその時に聞いて用意して行ったので、割合スムーズに受付して貰えました。
変更までは1~2週間かかるとの事でまだ自分の物にはなってませんが、よくよく考えてようやく自分の物になったと思っても半年以内には転売もしくは廃車の運命なのですよね・・・・もっと速く手続きしておくべきだったよなぁと。

S660購入の足かせに----なんて事を書きましたが契約してる訳ではありませんし、カタログを貰いにすら行ってません。
まぁ、欲しいなぁと漠然と思っているって程度ですが、いずれにしろ11月の車検は黙っていても迫ってくるので、新たに車を買う買わないは別としてチェイサーはなんとかせねばと。

17年走行20万キロ超、お疲れ様と言いたい・・・(まだ、もう少し乗るけどね)

タイヤ選びミスりました・・・

今の流行は25Cのタイヤっしょって事で買ったんですけど。

tcyerx2512.jpg
oityc02514.jpg

んで、早速交換。

weg2516.jpg

外したタイヤですが、やはり裏側まで貫通する傷でした。チューブレスタイヤじゃないので、これでエア漏れがする訳ではありませんが、気分的にはあまり良いものでは無いですよね。
ただ、致命的な問題では無い為、応急携行用として活躍して貰う事にします。

で、交換後問題が発生しました。

uihgdrx2518.jpg

後輪がフロントディレイラーのブラケットに当たって回らないのです・・・・。25cって事で幅が広がる認識はありましたけど、まさかこんなに縦方向にも膨らむとは思ってもみなかったもので。

完全に勉強不足で御座いました・・


ちなみに23cのタイヤだとこんなに隙間有るのだけどなぁ。

mjvudxrft02521.jpg

ひょっとしてフェルトの方なら使えるかなぁなんて淡い期待を持ちましたが、むしろオルベアよりタイトで全く駄目でしたw

仕方ないので23cで注文し直しです。高い勉強代になってしまいましたよ・・・トホホ

クロスバイクにだったら使えるんですけど、今現在僕のクロスバイクはもっぱら固定ローラー用となってしまってまして、そうなるとローラー台用タイヤにGP4000sかぁ・・・それは勿体ないなぁ~と。

どうしたものかと現在も悩み中なのであります・・・

タイヤトラブル・・・

粕尾峠攻略をタイヤパンクで敢え無く断念してから、特にタイヤの点検もせず筑波に2度も登坂で行っていた訳ですが、よくよく点検してみたら結構な損傷が有りましてね・・・。

rthgera2510.jpg

こりゃ駄目だと。

正直言ってロードバイクって簡単に距離稼げる分、何かあった時にその稼いだ距離を後悔してしまうケースが多々起こるので、トラブルを未然に防ぐって事はもちろんの事ですが、もしトラブっても自走して帰れる装備を携帯しておくってのを、常日頃から心がけています。

なので、こんなのを発見した日にはタイヤを交換するまでは乗りませんって感じで、フェルトの方ばかり乗っていたのですが・・。

なんか、走行中に前輪に見慣れぬ違和感を感じまして、落ちてたガムでも拾っちゃったかなぁと思いつつ自転車駐めて確認した所・・・・

rhtger2504.jpg

何コレ???

一瞬自分の目を疑いましたよ。

タイヤのサイドウォールが切れて、チューブがまるでハミチ○の様に出てましたw
この状況を見て一人苦笑いをする僕。方玉無料サービスかよ、と・・・・。

パンクはしてなかったので、騙しだまし帰ろうかという選択肢も無い訳では無かったんですが

trhst2503.jpg

目吹付近でのトラブルだったので、家まではまだまだ距離がありますしって事で、急遽タイヤ交換をして無事帰ってきました。

以前、タイヤのトラブルで替えチューブがあるのにも拘わらず自転車を押して帰ってこなければ行けないと言ったトラブルを経験しまして、それ以来遠出する時はスペアチューブの他にタイヤも一本携行しているのですが、今回それが功を奏しました。

とは言え、ついにフェルトの方もタイヤトラブルが出ちゃったもんで、このままでは安心して乗れませんのでタイヤの注文をしました。
とりあえず1台分しか買いませんでした(買えませんでしたかな?)ので、上手く付け替えてなんとかする方向で。

タイヤ来たら交換して今週末は山に行きたい!!!!!のです・・・。

また筑波

平坦路を坦々と風を感じながら走るのが一番好きではありますが、山を汗だくで登るのもまた有りだな~と最近思い始めたってのと、平地は行く所がだいたい決まっていて景色的には新鮮味がほぼゼロなのでまた山へ。

今回はルートラボで事前にルート引いて、がっつり3つの峠を攻略してやろうかと。

まずはいちご団地出発で、弓弦地区から林道・弓弦線へ。

huio468.jpg

看板と自転車が並行なのに、道の縁石が上に向かってる事で斜度を表現してみました。でもやっぱり写真で坂を表現するのは難しいですよね・・・

ちなみにこの看板までが結構激坂なんです。ここまでがコンクリ路面でこの看板からはアスファルト舗装なんで。山登りを初めて感じたのが、激坂区間はコンクリって事。なのでアスファルト路面を走っていてコンクリの路面が見えると無意識に身構えますw

この時点でこの景色

weahg02471.jpg

で、頂上がどうやらこの林道の終点の様でした。

ytg2473.jpg

汗だくなのでしばし休憩して山頂を見回すと

mhdrf2477.jpg

青年の家がこの先にあるのか~と思って行く方向を見ると

ydrse2478.jpg

こんな険しい道を行かねばならんのかと。中年の僕にはとてもじゃないけど無理・・・w

山頂の景色

bvr479.jpg

ここの山頂は開けて無いので眺めは良くなかったです。

下ってると金命水なるものが。

qtehgdd2482.jpg

「車1台につき○リッターまでです」なんて言う注意看板がありましたが、

uig2483.jpg

そもそも干上がってて水なんか無いじゃん・・・・


その後は三ツ石森林公園方面へ下って

mdrtf2485.jpg


今登った山を県道64号線でぐるりと迂回しながら北上。県道42号線で瓦会郵便局付近より前回登った団子石峠へ。今回は林道から登らなかったので前回よりはいくらかマシな状況で頂上へ。

前回、ハイキングの方々が居て写真が撮れなかったのでリベンジ成功。

zxt7uytd2491.jpg

あとは下りを下りきった所ですぐ愛宕山方面へ最後の登りでフィニッシュの予定だったのですが、登り始めで側道に駐まってた軽トラックの人が急いで車から降りて僕の方へ向かってきまして・・・

何事かと思ったら、「この上で鉄砲やってるから行かない方が良い」と。

なんか下ってる時にパンパン音がしてる様な気はしてたんですが、まさかの通行不可とは・・・。まぁ強制的に通行止めとかでは無くてあくまでも任意でって感じでしたが、銃弾に倒れるのはまっぴらごめんですので引き返して終了となりました。

実はまだもう少し筑波界隈で登れそうな林道が有りそうなので、ルートラボでルート作成してまた走りに行こうかと思ってます。

自動車免許更新

苦節ウン十年。

ようやく手にしましたよ・・・・


DSC02496.jpg

ゴールド免許。

思えば前回の更新でてっきりゴールドだと勘違いし、送られてきたはがきの一般講習の文字に目を疑ったものです・・・。

講習時間は30分といえど、拘束時間は1時間半近くされたのでやはり面倒なのはそんなに変わらないかなと感じましたが。

次回の任意保険の継続時にはゴールドなんでいくらか安くなるかな~と、期待してます。つか、それ以外にゴールドのメリットって有るんでしょうかね・・・・

道幅一杯に歩く人の対処方

サイクリングロード兼遊歩道で、たまに遭遇する道幅一杯を横並びに並んで歩く人。

主に学生さんが多いのですが、

img_0.jpg

↑の様にまるでGメンのごとく歩く訳です。


で、この様な場面に遭遇した時、一般的にはチリンチリン♪とするのでしょうけど、あいにく整備不良の僕の自転車にはベルなんて物は装備されておらん訳です。(自慢げに言うなって)

で、どうするか。

僕の場合は後ろに貼り付いて友達の一員になり会話に入るんです。会話に入るって言っても、もちろん発言する訳じゃ無くて聴くんです。昨今の若者はどんな会話して楽しんでいるのかってもの知りたいじゃん。

でも、そうすると今まで盛り上がっていたはずなのに、なんか知らない奴が居るって事で皆が口数が減り沈黙になっていくのです、不思議。
そうするとその雰囲気に業を煮やした一人が、「おい、自転車」とか言って皆が道を空ける訳です。

だいたいこのパターンで驚くほどあっさり道を譲られます。あれ程鉄壁のガードかに思われたGメンシフトがです。

ただ、ご年配の方にはこの技は通用しなくて、「すみませんが、通ります~」って言って譲って貰ってます。まぁ、ご年配Gメンは滅多に出くわしませんが・・・。

以上、@歩行者に無闇にベルを鳴らしてはいけない。意外と知らない自転車の法律。@と言うのを見て、ならベルなんて装着しなくて良いじゃんという、僕の自転車の整備不良を正当化したブログネタで御座いました。

オイル交換

プリウスのオイル交換実施

wsjkn0555.jpg


35284km

林道石田・団子石線

昨日ですが、粕尾峠を今日こそ登ってやると気合い入れて現地へ行くも、走行開始10分でパンク・リタイヤしてしまい、完全に腐ってしまった僕。
今日はもうのんびりクリミナルマインドでも見て過ごすか・・・・と思ってましたが、いつものごとくグーグルマップ見てたら良さそうな場所あるし、チャリは車に積載済みだしって事で行ってきました。
筑波山付近は高速乗れば40分程で到着出来るのでお手頃です。

で、あえて筑波山方面には走らずその反対側の山沿いを走っていて、たまたま見つけた林道に登ってみる事にしたのですが・・・。

起点
liofg2420.jpg


この看板がどんな所に有るかというと

oir2423.jpg


右側の道の左側の看板です。


og02421.jpg


こんな所、登れるのかよ・・・・と一瞬ひるみましたが、ハァハァゼイゼイ登るw

起点より1000m
weayukyu2429.jpg


汗がボタボタ落ちまくりながら何とか1000mの看板へ。この看板見つけた時「ああ、これで写真撮るって口実で休める~」と心の中で歓喜する。
軽く休んで再出発するも、この看板から舗装がコンクリからアスファルトに変わって走りやすくなり、頂上付近に到着。


絶景なんですけど
pugv02433.jpg


車両通行止めで車は走れないし、サイクリストは皆筑波山方面へ行くと思われますので、この絶景を独り占めに出来ました。苦労した甲斐があったよ・・・

bvty2430.jpg

xdgy431.jpg

少し下った所でも撮る
qwbvgt2451.jpg


終点
ytvf2452.jpg

wedf2453.jpg


終点でT字路になるんですけど、右は下り左は登りなんですよね。

og02454.jpg


なんか試されてる気がして、左の登り方面へ進行。ここまで結構登ってきてるので、それ程登る事は無いだろうと高をくくっていたのですが、ガンガン登る訳です。
これは非常に想定外だったんですが、汗だくになりながらも何とかこちらの登頂にも成功。ただ、頂上付近がハイキングの方の駐車場になっている様で、その人達が居て写真撮れずでした・・・。
何せ大量の汗を滴り落としながら狂気の形相をしたキモデブが停車しようものなら、気持ち悪がられる事請け合いな状態でしてね・・。

uigc2455.jpg


完全に下り切った所で

uiohgc02461.jpg

この後は山を迂回するルートで駐車場まで。走行距離的には50km位だったでしょうか、でも相当しんどかった。

このあたりのマップ見ると似た様な、なかなか面白そうな道がたくさん有るっぽいですし(実際走れるかどうかは現地行ってみないとわかりませんが)それに何しろ近くて行きやすいってのを再認識したので、もう少し計画練って再度色々と散策したいなぁって思ってます。

桃内駅

se5ki2375.jpg


4wya2376.jpg


it2389.jpg


Dugtcxze379.jpg


qac02383.jpg


iftn02385.jpg


zpif02386.jpg


ip 02391

富岡駅

帰宅困難区域で立ち入りが禁止されていない富岡駅を見てきました・・不謹慎を承知で。

ui02299.jpg

駅舎は既に解体済みでした。

trt02301.jpg


ygyg02297.jpg

どの程度の数値が危険なのか、無知なので知りません。知った所でどうなるものでもないでしょうし。

gggiuC02298.jpg

慰霊碑。少し町並みを拝見したかったので、一応手を合わせておきました。そんな事したからって不謹慎極まりない訳ですが、気分的に・・・ね。

以下町並み

uhhb02303.jpg


huih02304.jpg


fdtsd2306.jpg


itd02309.jpg


zqq02319.jpg


駅舎を解体した以外は全くの手つかずと言っていいでしょうね・・・

opnji2323.jpg


oytfg02329.jpg


スーパーひたちの指定席乗り場・・・・

sersre02333.jpg


rseerhg2334.jpg


線路

pofy02337.jpg


sr02340.jpg


パトカーが見回りに来て僕の車の後ろに横付けしてナンバー確認していたので、そそくさと退散する事に。
出来ればもう少し自分の目で見て回りたかったのですがね・・・


p;ohj02346


原発は復興の最大の足かせであるって事を再認識出来ました。
もう何事も無かったかの様に、やれGWだ、外国人観光客が何万人だ、数年後はオリンピックだなんて言ってますが、それで良いのでしょうかね・・・・。
実際に現地でこういう光景を目の当たりにすると、色々考えさせられます。