FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

自転車のフレームを買った

また、自転車のフレームを買ってしまいました。

オルベアから外したコンポ一式が有りますので、フレームがあればもう1台組めるなとは常々思っていた訳ですが、いざ、オークション等で探してみると、安い物は価格相応な感じですし、良い物を・・・と思うと一気に値が張る訳です。

そんな事もあって、一時はクロスバイクにコンポ移植も考えたのですが、やっぱクロスバイクってタイヤの脱着が面倒だし、ロードのブレーキは使えないし・・・ってので、ずっと保留状態でして。

そんな中、ちょっと面白い出品を見つけまして勢いで落札してしまいました。

ジャンク扱いの商品で出品されていたのですが、内容を読むと前回の落札者が返品したといういわく付き物件なのです。
流石にそんなのでは入札者がおらず、簡単に前回の落札者の半額以下で落札出来ました。

まぁ、ある意味地雷を踏んだとも言える訳ですがね。

で、来ました。

IMG_uykfr5sy6831.jpg

rerereg.jpg

引きの写真で見るとそんなに悪く無い様に見えますね。オークション出品写真もこんな感じでした。最初に落札した人はこれにやられちゃったんだと思います。

実際は結構酷いです。

regte4h.jpg

i8r55ye.jpg

IMG4regrhr56_6833.jpg

カラーリングが施されている部分は、日焼けとひび割れでかなり汚らしいです。フロントフォークもクリアが剥がれています。ホイールが付く裏側も汚いし、ともかく全体的に汚いと言って良い状態かと思います。前に乗ってた人は相当酷い扱いをこの自転車にさせてたなぁ~ってのが感じられるくらいで。これじゃあ、前回落札の人は返品するわな・・あの値段じゃ~ね、と納得しました。

IMG_5443uu566849.jpg

ただ、幸いな事に乗るに至っての不具合は無さそうなので、このまま組んで乗っても良いちゃ良いんですが、流石の僕も汚すぎてモチベーションが上がってこないってのが現状です。ですのでこの際だから自家塗装しようかと目論んでおります。
と言ってもカラフルに塗り分けたりとかのスキルは無いので、マットブラック一色で塗っちゃおうかと。艶は出しませんのでクリア-塗装も無しで。それならお手軽ですからね。
安かったので勿体ないって感情が沸かないのが最高です。結構汚い状態でもロードのフレームって高価出品が多いので、そういうのを買ってたら全塗装にはとてもじゃないけど踏み切れないと思いますし。

今週末は粕尾峠攻略と思ってましたが、雨の予報でやる事無いから、このフレームを遊び道具に引きこもろうかと思ってます・・・・
スポンサーサイト

ブレーキの感想

先日交換しましたブレーキですが、あくまで僕の感想ですが余り純正のブレーキパッドとの変化を感じ取れませんでした。
街乗りの低速走行時もそうですし、少しスピードを上げて巡航していて信号の変わり目などで少し急ブレーキの様な感じになった時に、NBOXは車重が有るせいか制動に少し不安があるのですが、その辺の不安が払拭される事は無いみたいです・・今のところは。もう少し馴染めば良くるのか、ブレーキに関して馴染みというものがそもそも有るのか・・・。

純正のパッドがもう無くなって交換が必要だけど、純正と交換するのはつまらないって言う人には良いかも。鳴きも出ないし。
でも、僕の様にたっぷり純正パッドが残ってるのにより強いストッピングパワーを求めて交換したい人にはお勧め出来ないパーツだと感じました。

大人しく無限のパッド買ってりゃ良かったのかも知れませんねぇ~でも、高くて(苦笑

登坂リベンジに向けて計画を練る

先日行きました栃木県の登坂が、非常にふがいないもので有り、なんか引きずっちゃっている訳です。
それを解消する為には今週末再度挑戦するしか無い!とか思っちゃってるんですが、ただ闇雲に走るだけでは登頂に成功しないので色々と計画を練ってみました。

まず、前回の予定では足利駅付近を到着地としていたのですが、これには大きな落とし穴が。

ergjyuyk.jpg

画像を見て頂くと分かりますが、足利駅付近は一度山頂を越えて下った所にある様なのです。僕はてっきり日光の方まで登り続けていると勘違いしておりまして。

勾配のグラフと地図を照らし合わせると粕尾峠と記載されている所がどうやら山頂らしいのです。これ、この前仮に登りを上手くこなせて、知らずに足尾駅方面に向かっていたら多分帰ってこられなかったと思います・・・こえ~。

でも、逆に言うとスタート地点だと思っていたつづら折りまでは行けたので、山頂まではもう一踏ん張りだったって事も言えなくも無い訳です(多分)

それを踏まえてニュールートを作成しました。

粕尾峠

スタートは前回の栃木市民公園ではなくて、麓のパーキングから出発し、粕尾峠を登って一周して帰ってくるコース。
下のグラフでは綺麗に山の形が出ましたので、まさに山岳コースと言えるでしょう。これなら、粕尾峠さえなんとかクリアー出来れば概ね下って帰ってこれる寸法ですし、駐車場の午後五時閉門縛りも無い訳です。

後は天候さえ良ければ再チャレンジしてやるぜって意気込み。

こんな事を書くとヒルクライムに目覚めたのかと思われそうですが、僕はやっぱ平坦で風を切って巡航するのが好きです。でも、山がからっきし駄目ってのもなんか悔しいので。
なので、特に山に特化する自転車のセッティングにして・・・とかそういうのも無いです。今まで通りノーマルクランクにディープリムホイールでなんとか登り切りたいと思ってます。

登り切った時にしか味わえない達成感ってやっぱ有ると思うので、今度こそそれを味わいたいんですがね・・・。

暇なのでDIY

車載輪行する為に購入したミノウラのバーゴなんちゃらですが、サブウーファーに固定ってのも芸が無いなぁと思いまして、ちょっとした棚を作る事にしました。

幸いな事に、家に不要なコンパネが転がってましたので、採寸して切っていきます。

DSCghsrgnt3.jpg

丸鋸で切って角はやすりでサンダーがけします。

早速切った物を車にあてがってみましょう。

DSC_0ppjo392.jpg

なかなか良い感じです。底板が出来たのでこれと同じサイズで天板も切ります。高さもウーファーが入るギリギリでは無く、リヤシートが上がってても当たらない所まで上げて採寸し両側のコンパネも切っていきます。

んで、それらを箱状にビスで留めていけば

DSCt4ehdr0394.jpg

まぁ、誰でもできる様なただの箱が完成です(笑

寸法通りに出来たか車に乗せてみましょう。

DSC_0uiop396.jpg

バッチリ収まりました。このままでは味気ないのでダイノックシートでひと工夫。

DSC_rtxykvyulyu0397.jpg

完成

DSC_0drdrtyi399.jpg

横にちょっとした荷物も載せられる様になったし、なかなか上手くいったんじゃないかと思います。この後ホームセンターへ行き、ウーファーとミノウラの下に滑り止めシートを装着したので、横滑りにも強くなったと思います。

ただ、設計ミスでリヤシートが本来は一段リクライニングするんですがそれが当たってしまい出来なくなりました。まぁ、僕はリヤシートに人を乗せる事なんて滅多に無いので問題無い訳ですが。

今回、久しぶりに丸鋸使ったんですけど、ストレス解消になるよな~これって。不要に木を切りたくなりますもん(笑

とりあえず綺麗に収まって満足満足。

輪行して山岳チャレンジ

事前の計画で、栃木市総合運動公園から足尾までのルートをルートラボで引いて、アトラスに読み込ませてどこまで走れるか検証する為に行ってきました。

関東平野住みですので山坂道を求めると、車で軽く2時間は掛かってしまうのがやっかいです。数年前に車で走りに行ってた時も同じ事思っていたなぁ~。

結果から行ってしまうと、足尾までの道のりは容易くは無かったって事で、途中リタイヤしたんですけど。

11111.png

茶色の線が僕が走った軌跡です。県道32号線→15号線で走り切れればわたらせ鉄道の足尾駅付近に到着って感じだったのですが・・・。

前半30㎞くらいでしょうか、ここまではなだらかな勾配で景色を見る余裕すら有ったんです。

ただ、

ewhku.jpg

上の写真の休憩場(駐車場有り・トイレ有り・滑り台有り)から、突然の激坂モードに。

前回の筑波山で学んだのが、速度を上げすぎずにマイペースで心臓ばくばくさせない事だったんですが、今回の敵にはまるで通用せずでした(笑

汗はボタボタしたたり落ちて暑いんですが、登坂すればするほど外気温が寒くなるという・・・寒いのに汗はボタボタと。
そうこうしているうちに限界が来まして、どうにもペダルが踏めなくなりました・・・無念。

地図ではここ

22sh22.png

これからがつづら折りで山本番といった場所かと思います。

その証拠に

DSCsdfekjui086.jpg

カーブに番号の標識がありました。

1です。

スタート地点でリタイヤって事です。

これは虚しい・・・でも、限界だったんです!!!

でも、今回走ってて山の麓に駐車場があるのを発見したので、次行くときはそこに駐めて完走を目指そうかと思います。
栃木市総合運動公園駐車場は5時で閉門の縛りがあって、這ってでもゴールを目指すって事が不可能なので。帰れなくなっちゃいますからね。

DSC_00shgt88.jpg

下りはどえりゃ~怖いです。速度出ない様に常にブレーキして下ってます。まだ、死にたくないので。

ちなみに筑波の不動峠のグラフがこんな感じで、

333;p09hgm3

高度としては倍くらい登ってるみたいで、どうりできつかった訳だよ・・・。

路面凍結の時期に入ると無論自転車での走行は出来ませんので、あと一回行ければ良い方かなぁとも思ってますが。
家から10分とかなら毎日でも・・・・とは思わないかな(苦笑

ブレーキ交換とその他メンテナンス

午前中で仕事が終わったのでブレーキ交換を実施しました。

まずはリヤのシューから。

B0x16vPCEAEJj-y.jpg

ジャッキアップしてぽろ~んと外せばOK。

で、組む。

B0x1_6oCQAASF4x.jpg

片側ずつ外さないと、組み付けて反対側見たらリヤホイールシリンダーが飛び出てブレーキオイルがダダ漏れって事があるのでそれだけが注意点でしょうかね。

ドラムの調整をして復元して終了です。楽勝っすな。

B0x2Ip8CQAE76j4.jpg

続いてフロントです。

B0x2RqqCUAEXb2s.jpg

鳴きが出るのを嫌ってプレートは純正を移植です。ブレーキグリスの類いは買ってないので無し。結構適当。

B0x2cUECYAAS_Pw.jpg

シム入れたから全然青いのが見えないんですけど・・・・。

その後ちょっと早めですがオイル交換を実施とワイパー交換しました。

B0x2kv4CcAINTfO.jpg

タイヤもバリ溝になった事だしひとまずメンテ完了って感じです。

B0x2p65CUAAH5po.jpg

22769Kmでした。

未修理のカメラを取りに行く

未だ納得がいっていないカメラ修理問題ですが、ひとまずキタムラに帰ってきた様なので取りに行ってきました。
行きしなに、まさか金は掛からないよな・・・とちょっと不安になり預かり証の控えをまじまじと見たら、保証修理で有る無しに拘わらず手数料として1080円掛かりますみたいな事が書いてあり少し驚く。

こちとら、落とした訳でも無く全く故障原因に心当たりが無いのに外的要因が故障原因と判断され、保証修理されないどころか1080円も請求されるのか~と。もうね、このキタムラシステムには呆れまくりなのですが、よくよく見ると保証期間内で保証修理なら当然手数料も無料ですが、期間内で修理を断った場合でも、約款の読み方によっては無料っぽい感じにも読み取れるので無料の可能性もゼロじゃ無さそう。もし請求されたらお金はきちんと払って、色々文句言ってやろうかと。こっちだってガソリン代とかもろもろ手数料掛かってるんですよって。
そんな手数料なんて聞いてね~よと、ごねて手数料を払わないってのは僕の考えだとNGです。文句を言うからにはきちんと金を払わないとね。

そんな事を考えながら店舗に到着したのですが、カウンターに人影が無く奥から出てきたのがバイトっぽい女の子でした。
カメラを取りに来た事を告げると、修理品を探し始めたのですがなかなか見つからず・・・・2~3分位探して漸く見つけ出したのは良いのですが、それからも修理品の引き渡しの段取りが分かってない様子で。

しどろもどろしていると、もう一人女性の店員の人が助っ人で来てなんかバーコードを読み取り、「事務手数料で1080円になります」と。
キター!!!と心の中で思いながら、「それってメーカーの保証期間内でもお金掛かっちゃうんですかね?」とやんわり聞いてみた所、「あっ、それなら結構です!」と、保証書も見ずに一発返答されました。

僕としては社員っぽいのが接客から終えてきて「それお金掛かりますよ!」と言われても困るので、その後はそそくさと逃げる様に店を後にしたのでありました・・・(苦笑

もし有料だったら、あのバイトっぽい女の子が気の毒ではありますが、それ以上に僕の方が気の毒なので致し方有るまい。

んで、戻ってきたレンズをまじまじと見てみましたが

DSC0hethet0663.jpg

どこにも傷なんてありません。これでどう外的要因と判断するのかと。
ソニー製品は観賞用で、使っちゃダメって事?
今、手持ちのソニー製品はプレステ3とエクスペリアだけですが、携帯は壊れて欲しくないなぁ・・・。

NBOXのブレーキ届いた

別に飛ばす訳でもないしそんなに不満は感じてませんけど、効きが良いのに越した事は無いと思うので買ってみました。

B0i08RiCAAA_WA2.jpg

ブレーキパッド関連では今まではプロミューばかり買っていたので、今回は何となくエンドレスにしてみました。

B0i1hOiCYAAB4FW.jpg

プロミューはグリーンでしたが、エンドレスは青いんですね。

フロントのみですとバランスが崩れそうなので、リアのシューも購入しました。パッド交換に比べるとシューの交換って面倒と思われがちですが、そんなに難しい事は無い筈・・・・です。

近日取り付けを予定してます。

NBOXに自転車を積む為に

バモスの時は荷室が広くて余裕で自転車乗せる事が出来ましたが、NBOXは積めるには積めるけど余裕が無いんですよね・・・。
ちなみにバモスの積載はこんな感じ↓

P101frdpmjki0322.jpg

フロントのホイールは外してますが楽々、しかも無造作に積載可って感じで。

NBOXにはどう考えてもこんな無造作積載が不可能なので、仕方なしにミノウラのパーツを買う事に。まぁ、あんまり車に乗せる事も無いんですが、今回車をDラーに預けましてその引き取りに自転車を使ったりすると帰るときにはどうしたって乗せ無ければいけませんし、前輪後輪ばらして平積みにすれば良いんでしょうけど、自転車やらホイールがこすれて傷が付くのが精神衛生上非常に宜しくない訳で・・・・。

で、こんな感じになりました↓

DSC_0gvrfubf047.jpg

サブウーファーにミノウラを固定。ちょっと荒技な気配もしますが。

DSC_004wep]mger8

これでもテールゲートぎりぎりという・・・・やっぱ狭いね!

DSC_0rwganjkore050.jpg

で、助手席も座れない位前なのです・・・やっぱ狭いね!

DSC_00pmkogw52.jpg


自転車乗せなければ充分広いと感じる車なんですがね~

タイヤ交換

バモスに付けていたタイヤが限界を迎えまして、NBOXの新車装着タイヤを3年越しで装着する事に。
ゴム製品は使って無くても経年劣化するので、次に付けるタイヤまでの繫ぎでって感じでは有りますが、まぁ問題無ければ溝が無くなるまできっちり使うつもりです。

DSC_00えdhgっrg53

タイヤの厚みが増したのでホイールアーチとの隙間が無くなりました。ハンドル切ってフルバンプしたら当たるかも・・・

DSC_005rtxhjhet6.jpg

リヤはどんなにかぶっててもそんなに問題は無いのでOKでょう。

ちょっと走った感じではやっぱダルいなぁ~と。解消する為には16インチで扁平を下げるしかない訳ですが、次のタイヤ交換でちょっと良いタイヤにする位でとどめようかと思います。NBOXなんで燃費も捨てがたいしね。ホイールは15インチで抑えておきたいっていう思いもあって。

ただ、最近ブレーキがちょっとアレだなぁ~と思っているので、近々ブレーキをアレします(笑




ソニー製品でまた痛い目に遭う

先日、修理で出していたカメラとレンズの見積もりが来ました。

そもそもメーカー保証内の一年未満なのに見積もりが来るって事自体が不愉快な話ですが、

B0DiVJuCQAAKBzF.jpg

外的要因が故障原因で有料修理なんだって。

落とした訳でもないし、5分前は使えていて次にスイッチを入れたらエラー表示になった訳だが・・・これのどこに外的要因あるの?って感じ。
もうね、触っただけでそれが外的要因です!!とか言うレベルですよ、これは。

なんか腑に落ちないのでググッてみたら、やはり同じような症状の人が出てきまして、これはもうレンズがどうしようもない欠陥品だと判断して修理はしない方向にしました。
だって、修理した所でまた一年以内に確実に壊れますよこれは。

と言う事で、修理に出したのは完全に時間の無駄だったんですが、今回キタムラの店舗に修理依頼で持ち込んだんですけど、見積もりの返事が来たのがメーカーでは無く「日研テクノ」とか言う会社からでした。

少し調べたら、その会社を通してメーカーに修理を出すみたいな事を書いている人もいましたが、HP上では自社で修理するシステムを構えていますよって感じでしたので、恐らくはメーカーには行かずにそこで見積もりを出しているんじゃないかと思われます。
で、キタムラで修理依頼をするとその会社に完全委託って事は、キタムラでいくら延長保証って謳っていたって、結局壊れれば外的要因の一言で有料修理になってしまうって事です。保証の意味なし。

少し位高くても保証が付いてるからキタムラ買おうっていう気は、今回の件で僕には完全に無くなりました。むしろ、故障に掛かる費用を考えて出来るだけ安い所で買った方が賢い選択だと言う事に気付かされました。

皆さんも保証という言葉とソニー製品の脆さには気をつけましょう・・・・(苦笑

メンテ(自己確認用)

プリウスαオイル交換

Bz5w0e1CcAEkR5S.jpg

前回のオイル交換はDラーにて、フィルターも同時に交換しました。

僕自身で交換するのは今後もオイルのみになりそうです・・・25310km。

20万㎞・・・

BzuImMmCcAAAbN-.jpg

ついに20万㎞走行になりました。

買ってから14年、20万㎞で何のトラブルも無く乗れた事が本当に凄いと思います。ヤマハエンジンすげ~わ。

ここ1~2年は、年間5000~6000㎞程度しか乗らなくなってきてますし、正直乗り換える気で一杯な訳ですが、そんな僕の気持ちとは裏腹にチェイサーは元気一杯なんですよね・・・。これが、トラブル満載でどうしようも無いって事だと買い換えに俄然意欲が沸いてくるんですけどね。

次の車検は車検を受けないってのは僕の中では確定なので、それまでは元気に稼働して欲しいなぁって思ってます。

登れるデブ

僕はデブなので平坦路が好きです。
平坦路であればデブである事のデメリットが低減されて、追い風などが加われば非常に気持ちよくサイクリングが出来るからです。
ただこれが登りになると一転して、デブである事はマイナス面しか顔を出さなくなる訳です。これを補うのは気合いと根性だけかと・・・。

んで、本日ですが体調も回復傾向に向かってるので、再び筑波山へリベンジしに行ってきました。
前回はわんわんランド側から神社を目指して敢え無く途中リタイヤになってしまった訳ですが、今回は少し調べたら自転車乗りは車通りの少ない、大池公園から不動峠を目指すルートが一般的らしいので、そちらにチャレンジしてみました。

DSC_0i6yrxsduer023.jpg

ここが登り入り口です。この時点で60㎞くらい走ってきてるのと、この後帰るのに60㎞くらい走らなきゃなんないので、かなり不安だったのですが・・・。

結果から言いますと、

DSC_0ffvily;24

無事、登頂成功しました。

登り始めでオーバーペースだったようで、ハァハァゼィゼィと心臓が飛び出る感じだったのですが、途中で前走者の人に追いつきまして、その人に付いて走る事である程度心拍も落ち着いてきて・・・・って感じでした。
多分その人居なかったら今回も途中で力尽きていた可能性が高いですね。
結構ゆっくりめで一定ペースで登っていく事が大事だなぁとは思ったものの、こればかりは何度も登って学習しないと身につかない感じではあります。

でも、自分で言うのもアレで恐縮ですが、このデブが良く登れたよなぁ~って思いました。よくサイクルロードレースを見ていると解説者の方が、「登れるスプリンター」とか言う事があるんですけど、僕の場合は「登れるデブ」のカテゴリーに入るんじゃないかと。
もちろん速く登れる訳では無く、デブの割には登れんじゃんっていうレベルですけどね。

結局総走行距離が135㎞。もう少し近くにあれば毎週でも行って走ってきたいですけど・・・体のあちこちが痛いです(苦笑

カメラを修理に出してきました。

まず、一番近所であるカメラのキタムラへ歩いて行ったのですが、今流行のワンオペでお客が4人居てさてどうしたものかっていう状況でして。
とりあえずせっかく来たので、ショッピングモール内をうろつき再度戻って状況を見てみると、何一つ状況に変化が無い・・・つか、一人客が増えておりました・・(汗。

仕方ないのでやはり店舗のあるキタムラ行くしか無いなぁと、今度は車で30分程のお店へ。
こちらは流石にスムーズに受付完了。
修理期間は2~3週間と言われました。1週間程度かと思ってましたが、本当にそんなにかかるんですかねぁ~。

とりあえず、カメラも預からせてくださいって事で一緒に預けたので、きちんと修理メンテナンスされて帰ってきて欲しいですね。



医療が掛かるお年頃になりました・・・

月曜から何となく体調が悪化してまして、水曜の朝には酷い肩の痛みと首が回らない様になってしまいました。
年に何度か内臓系に違和感を感じる事があるものの、定期的に健康診断をする事も無くて数日で治ってしまえば放置。
今回もその方向かと思いきや、どんどん体調が悪化傾向にあるので仕方なしに本日病院へ。

病院到着時刻が午前8時で、病院を後にしたのが午後3時半でした・・・いやはや。

久しぶりに、レントゲン、CT造影、血液、尿とフルコースのメニューをこなした訳ですが、どうやら今回も特に異常が見当たらないと言う結果でして・・・調子悪いんだけどなぁ、どうしたものか。
とりあえず、末期のガンですとか言われなかっただけ良かったのかもしれないですけど。

んで、ビクビクのお会計ですが薬代含めてほぼ2万円で御座いました・・・。

総合病院で循環器と整形外科が別の診察になり、レントゲンも別々に撮ったりしてその分時間と費用がえらく掛かったなぁ~というイメージです。

長い事病院で待たされて余計に具合悪くなっちゃったので、今日は早く寝たいと思います。